カンボジアへの送り出し

  • カンボジアの研修生を受け入れて社内が活性化

    • 外国人研修生を受け入れるという制度は、カンボジア人の受け入れを行い日本が持つ高度なシステムを習得してもらう事です。

      カンボジアの研修生の情報を提供中です。

      研修生を受け入れる事で得られるメリットは多数ありますが、特に大きな恩恵が得られるポイントと言えるのは自社が活性化するという事です。



      カンボジアという遠く離れた国で生まれ育った方と共に仕事をするという事は、日本人の新人に対して教育するのとは勝手が違うので、説明などを行なうために今一度仕事と正面から向き合う事になるのです。

      つまり、惰性で毎日お仕事をしていたという社員であっても、初診を取り戻すきっかけになり、結果的に業績が向上します。


      そして、会社に属して日々お仕事をしている方というのは、自分の仕事に対してプライドを持っているので、カンボジア人に対して良いところを見せてあげたいと感じるものです。
      自分たちの仕事にプライドが感じられない事をやっていると、研修生に伝わってしまい最終的にはカンボジアまで広まり、世界規模で会社のイメージが低下してしまう恐れもあります。

      こうした考えになるので、愛社精神がますます向上するため、離職率が下がる上に惰性で仕事をする事で発生するミスが起こらなくなります。


      ただし、カンボジアで育った方を突然研修生という形で受け入れるのは、やはり難しく感じる事があるのも事実です。



      一筋縄ではいかない事もありますが、有識者に意見を求めてサポートしてもらえば、必ず解決に結びつきます。