カンボジアへの送り出し

カンボジアに研修生として支援をするためには

カンボジアという国は、日本の支援の内容やその経歴から多くの方が知っている国名だと思います。
しかし、一体どんな人が現地に赴き活動しているのか、そしてどのような支援を行っているのかを把握している方は少ないのではないでしょうか。

今すぐ見つかるカンボジアの研修生ってとにかくお勧めなんです。

カンボジアへの支援は外国人技能実習生という形で、一定の制度に合格すると研修生として現地で活躍することが出来ます。
これは民間組織がカンボジアへの支援を行うことを目的として、政府の認定の元送り出す機関によって成り立っています。


比較的若い世代から候補者を選び、実習生や語学研修の教育などを施し、優秀な教師陣の指導の下で現地へ送り出す制度です。しかし、実習生といえど制度を合格数のは並大抵のことではありません。



300時間以上の集中的なレクチャー研修を実施し、来日したときに成果を上げられることを目標としたカリキュラムが事細かに組まれています。



この試験の門はとても厳しいです。現地では主に、開発発展途上校の支援として経済発展などの担い手となる研修生を育て上げるべく、まずは先進国の技術や知識を取得するところから始めます。

このことから分かるように、カンボジアのことだけを学んでいたら実習にいけるといったような内容ではありません。


幅広い知識を身につけた上で洗練された人材が研修生として現地に送られます。

これは日本が先進国として戦後に大きく発展した背景が評価された上での立ち位置より支援をしていくためには必要な知識であると認識されているからです。

  • 難しくないカンボジアの研修生

    • 大工がカンボジアの研修生を受け入れると評判になる、仕事が増える、カンボジアに技術が伝わるなどの長所があります。珍しいことなので、地元の新聞に大きく名前が出る可能性が高いです。...

      detail
  • 意外な事実

    • 外国人研修生を受け入れるという制度は、カンボジア人の受け入れを行い日本が持つ高度なシステムを習得してもらう事です。研修生を受け入れる事で得られるメリットは多数ありますが、特に大きな恩恵が得られるポイントと言えるのは自社が活性化するという事です。...

      detail
  • 初心者向きカンボジアの研修生

    • カンボジアの研修生を積極的に受け入れるメリットは、即戦力となる人材を確保できる点にあります。業種によって人材をどれくらい用意すべきかの違いが明白となるため、受け入れに積極的な企業であれば現地へすぐ赴く覚悟を持つ意識が必要です。...

      detail
  • 知りたい情報

    • 日本国内から様々な情報発信および送り出しに伴う技能スキルや語学研修を含んだカリキュラムが確立された機関が存在しています。これらはすべて国の様々な省庁にて設立された財団法人となっており、色々な技術支援プロジェクト対象国への展開が奨励されて実行へと繋がっているのです。...

      detail